自分の強みを理解している人

外資系企業が好む人材とは

グローバル化が進み外資系企業への就職や転職を考えている人が増えています。しかし誰でも外資系企業への就職や転職は向いているのではなく、企業が好む人材というものが存在します。例えば、議論は常に具体的でアクションプランをいくつも持っている人や、部下や他人の管理も怠らないが自ら率先して付加価値を生み出す人は、外資系企業が求めている人材であります。また、他人の顔色を窺わずに自分の意見を断固かつ柔軟に打ち出す人や、常に自信に満ち溢れている人も、外資系企業で働くのに向いている人材といえるでしょう。そして外資系企業というのは、直属の上司と心中する覚悟で仕事をすることが求められます。そのため、直属の上司に絶対の忠誠心を持つことも大切です。

他人との協調性も重要です

外資系企業というと一匹狼体質の人が向いていると思われがちですが、意外とそれでは長く働き続けることができません。外資系企業に入って仕事をするというのは、チームプレーヤーとして働くことが求められています。そのため、力はあるけど他人との共同プレーを心掛ける人材は、外資系企業で好かれます。また、他人の功績はフェアに評価し、自分の不始末は決定的なものでない限り、責任を持って行動できる人も外資系企業で長く働き続けるには向いています。つまり、理想的な上司であることを振る舞い続ける覚悟が必要なのです。そして、政治的手腕があり、他人に文句を言わせないだけの業績を持っていることも重要です。難しいように見えますが、直属の上司に忠誠心を見せることで実現可能です。