英語の読み書きスキル

比喩的な表現や訛りを理解できる程度の語学力が求められる

外資系企業で働く人は業務の性質上、様々な国や地域の人と接する機会が多々あります。商取引に関わる交渉から相手との交流を目的とした雑談に至るまで、英語で会話をすることが多いので一定レベル以上の語学力は必須です。その中でも英会話における比喩的な表現や訛り、スラングなどの言い回しについては特に詳しく知っておく必要があります。教科書に載るような定型文なら学校の授業を受けていれば理解できますが、比喩やスラングは同じ英単語を使っていても意味がまったく異なるケースが少なくありません。そのため、英会話教室の講師と雑談ができる程度の語学力が必要になります。訛りについても同様であり、国や地域によって異なる特徴を正しく把握するだけの知識が求められます。

書類作成に必要な英語スキルについて

外資系企業の仕事は国を跨いで行うことが多いため、契約書などの書類、及び連絡に用いるメールの文章は英語で作成されるのが普通です。仕事に用いる文章なので単語のつづりや文法にミスが無いように注意しなければいけません。英会話については訛りやスラングなど学校では教わらないものの、暮らしに密着している事柄に精通していることが重視されます。その一方で文章の作成では非の打ち所がない、教科書の定型文のような正確さが求められます。仕事現場で必要な英語のスキルはネイティブに近い高度なレベルなので一朝一夕で身につくものではありません。子供の頃から英語を学ぶのはもちろんですが、就職してからも英会話や文章の作成の勉強を続けることが重要になります。