素早いアウトプットが出せる人

瞬時の判断が求められることも

どんなに素晴らしい意思決定や戦略であっても、タイミングを逃してしまったらただの愚策になることがあります。もちろん、イエスやノーの判断だけでも難しいことはあります。しかし、一般的には方法論はいくつもあり、その中からの選択し組み合わせるという意思決定も求められることは少なくありません。外資系企業の組織というのは上司がいて、その下に多くの部下がツリー構造のようにぶら下がっている構造です。つまり、上の人が意思決定を怠れば、その下についている人たちの仕事が遅れることになります。これは企業にとって大きなロスと言えます。仕事に関係する意思決定は、とても難しいものばかりです。しかし、それらを瞬時に意思決定できる人は、外資系企業に向いていると言えます。

瞬時に判断できるようになるためには

外資系企業で働くためには、難しい判断を瞬時で意思決定する力が求められます。しかし、そのような力はすぐに身につくものではありません。また、その判断が正しいのかプレッシャーに感じることもあるでしょう。では、より正しい判断をするためにはどうすれば良いかというと、日頃から毎日の小さな局面での情報収集や意思決定を積み重ねることが大切になります。小さなことでも実践の場で訓練することで、いざというときに実行可能になるのです。日ごろから情報収集を行ったらそれらを聞き流すのではなく、その源流や要因を常に考える癖をもち、自分なりの答えを持つことが肝心です。さらに、自分以上にこの業界でより良い意思決定をできる人間はいないという覚悟を持つと尚良いでしょう。