プレゼンテーションスキル

面接の際に担当者にポテンシャルの高さをアピールしよう

外資系転職に必要なスキルには様々なものがありますが、職種によらず採用試験の際に面接官に好印象を持ってもらうには、在職中からプレゼンテーションスキルを磨いておくことが大事です。特に、外国籍の管理職や一般社員の数が多い外資系企業においては、ミーティングや取引先との接待など色々な場面でプレゼンテーションスキルが求められることがあるため、地道に自己アピールのテクニックを学ぶことがおすすめです。最近では、中途採用の選考の一環として、全ての応募者を対象にプレゼンテーションを課している外資系企業の数も増えており、スムーズに試験を突破するうえで、各企業で期待されている人間像について余裕を持って把握することが大切です。

転職活動中にプレゼンを学べるセミナーに参加しよう

外資系転職を希望する求職者を対象としたセミナーは全国各地で開催されており、中でもプレゼンの技法をしっかりと学べるところは、転職経験が少ない20代から30代の求職者から人気が集まっています。一般的に、プレゼンのスキルは短期間のうちに高めることが難しいため、採用試験に備えてプレゼンのコツを掴みたい場合には、ベテランの講師からアドバイスを受けられるセミナーに定期的に通うことがおすすめです。また、外資系企業の中には、営業職などの採用試験の際に英語でディスカッションや面接が行われることもあります。そのため、英語力に自信がない人は、ネイティブの講師にビジネス英語を使用したプレゼンの方法を教えてもらえるセミナーを選ぶと良いでしょう。